間違いやすい敬語やマナー

間違いで多いのはバイト敬語と呼ばれるケースが多く「~になります」を誤用しているケースです。例えば「お茶になります」とお客様に配る際に声を掛けたとしたら周囲にお茶に変身するの?という意味にもなりかねません。正しくは「お茶でございます」で「~なります」は変化する事を指すので天気などを応える時は使います。他にも「~の方に」など言い回しを長く伸ばして丁寧に見せ様とする場合がありますが、正しい敬語は短くても美しく聞こえます。お疲れ様とご苦労様はどちらを使うのかは良く議論になりますが基本的に目上には「お疲れ様です」同僚や目下には「ご苦労様」となり、上司より先に帰る場合は「お疲れ様です」と帰るよりも「お先に失礼します」がお勧めです。マナーと言えば食事のシーンで多いのが手皿でこぼれないように手を添えて口に運ぶ人がいますが、実は間違いでもし添えた手に何か落ちたら周囲に気を使わせてしまうのでアウトです。こぼれそうと思ったら小皿を使って食べると美しくなります。日本人に多いミスでドアを開ける前にノックは2回しか叩いていませんが、グローバル社会としては3回以上が正しく外資系で外国人の上司の場合は怒られます。ちなみに2回はトイレのドアの常識ですので気をつけます。お皿に取り分けるシーンで箸を逆さに使う人がいますが間違いで、手指が触れる部分で不衛生ですので止めましょう。正しくは他の取り箸を準備する必要があり会食など正式な場で恥をかかないように注意します。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です