言葉遣いは社会人の基本

どんな職種についた場合でも、社会人として共通のマナーは存在しています。社会に出るに当たってその準備を十分している人もいれば、いざ社会に出てから現実を知り揉まれるという人もいるでしょう。社会人になったばかりのころは強く意識していても、結婚や出産などで一度社会から離れ、その後また仕事に付いた場合などはどうしても忘れてしまっているケースも少なくないようです。ブランクが合って久しぶりに働きに出る場合は、まず社会人としての基本に立ち返り、マナーや敬語などの言葉遣いをチェックしてみましょう。意外と忘れてしまっていることも多いため、なぜか面接になかなか通らないという場合は、なにかしらの失敗を起こしていることも考えられます。ビジネスマナーの基本は、まずは服装です。スーツやそれに準ずるスタイルが必要なのか、それともカジュアルなものでよいのかは職場によって違うので確認しておきましょう。それから意外と見落としがちなのが、ネイルやヘアースタイルです。職場や職種によっては普段のネイルやヘアースタイル、ヘアカラーなどがNGの場合もあるので忘れずにチェックしたいですね。そのほか、時間厳守やほう・れん・そう、電話応対やメールの送信方法などの基本事項は毎日の仕事にも関わるので見直しましょう。それから言葉遣いは、分かっているつもりでもとっさのときに間違えてしまうこともあったり、上司だけでなく得意先やお客様との応対にも関係するため間違った使い方をしていないか注意が必要です。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です