敬語の使い分け

最近の子供たちは、目上の人や学校の先生に対してもため口で話す傾向にあります。そのため、社会人になってからも敬語をうまく使いこなせない人が増えてきました。今まで敬語を使う機会が少なかった環境に育っている場合、大人になったからと言って、急に丁寧な言葉を使いこなすというのは難しいでしょう。しかし、そのまま目上の人に対するマナーを守らずに生きていくのは、日本人として大変なことでもあります。若いうちは多少の言葉のマナー違反を大目に見てくれた世間も、年を重ねるうちに次第に厳しい目で見るようになってきます。敬語の使い方が分からないならば、普段から少しずつ使っていくように努力すれば、やがてスムーズに言葉が出てくるようになってきます。コツはアナウンサーや綺麗な言葉使いをする人の喋り方をマネしてみることです。最初は恥ずかしい気持ちや多少変な感じがするかもしれませんが、すぐに慣れてしまうものです。日本人ならば、一度は綺麗な言葉使いだと褒められてみたいものですね。ですが、時と場合によっては目上の人に対しても丁寧な言葉使いをしない方が、フレンドリーな感じがして良い場合があります。例えば、介護の現場などは普段お世話をしてあげている人に対して、親しげな感じで話してあげる方が安心感を与えるケースもあります。時と場合によってマナー違反にならない程度に言葉を使い分けていくのが、日本語の素晴らしいところと言えるでしょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です